ターゲットを明確にしないと商品は売れない

ターゲット

ターゲッティングとはターゲットを細分化・明確化するという事です。

ターゲッティングが明確になっていないと
誰に伝えたい文章なのか焦点が定まりません。

ターゲッティングで必要なのはたった一人の見込み客に
売るつもりで文章を書くことです。

仮に決めた見込み客に対して
その見込客に買ってもらうにはどうしたら良いのかを
考えるわけです。

たった一人の見込み客です。

つまりこのたった一人の見込み客に対して
その見込客を想像しながら記事を書くことになります。

一人にしか売らないの?

と不安になるかもしれませんが全く逆なんです。

不特定多数の人に売ろうとする事が
伝える内容があいまいな言葉になり
それを読んでも心には残らない言葉に感じてしまうんです。

一人の見込み客に売ることで
ターゲットを絞った見込み客は
自分の事だと思い共感するとともに

連鎖的に似たような境遇の人に対しても
共感を得る事ができるのです。

その商品は誰に売るつもりなのかを
自分の中により具体的に想定して
その一人の見込み客に対して売るつもり
アプローチをしていく事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ