群集心理と売れるコピーライティング

群集心理

コピーライティングはビジネスで最も重要なものの一つになると思っています。

コピーライティングの定義は人によってもとらえ方が違うと思いますが

コピーライティングって何でしょうか。

「感情を動かす言葉」

「人の気持ちになりきる事」


いろいろ考えられると思いますが

コピーライティングは

人の感情や行動動きのパターンを先読みして

そしてゴールに導いてあげる事ではないかと思うんです。

お客さんを導くとは一体どのような事でしょうか。


例えば

「行列ができているラーメン屋」と、

「ガラガラのラーメン屋」

があったとします。

あなたはどちらのラーメン屋さんに入りますか。


「行列ができているラーメン屋」でしょうか

それとも

「ガラガラのラーメン屋」でしょうか

A「行列ができているラーメン屋」って思いませんか。

でもあなたがもし

すっごいお腹がすいていたらどうでしょう。

B「ガラガラのラーメン屋」に行っちゃうんですよ。

だから、個人の状況に合わせていくとそんな事は誰にもわからないんです。

個人の心理は読みにくい、でも群集心理は読みやすいんです。

だから、コピーライティングも群集心理にめがけてやっていくんです。

流行とか、仕掛けている人は

何に対して仕掛けているかというと

群集心理に対して仕掛けているんです。

でもセールスをするときには

1対120でしてはいけないんです。

群集心理という感情をもった一人の人に対して売る

一人に対して書くセールス売り上げが最大値になるように

何を、誰をターゲットにしていくかってことがポイントになると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ